芸能・スポーツ・エンタメ    知っとこ!!

知っておいて損はない芸能・スポーツ・エンタメのネタを まとめました

芸能人

木村拓哉ドラマ出演ピンチ!

2016/10/12

キムタク

SMAPの木村拓哉(43)が、来年1月にTBS系の日曜9時枠のドラマで主演することが内定しているが、意外や意外。早々に決まってもおかしくない相手役のヒロイン選定が難航。人気女優たちにオファーをしても、ことごとく“フラれている”というのだ。SMAPはファンクラブ会報で、5人が個々にコメントを発表し、解散を否定してみせたが、かつての「視聴率男」木村もいよいよ賞味期限なのか。

「表向きは木村からのOKが出ないという理由ですが実際は違います。オファーした女優陣から、次々とスケジュールが調整できないことを理由に、断られてしまうんですよ。もちろんこんなことを木村サイドに報告できない。スタッフは頭を抱えている」(事情通)

今回、木村が演じるのはどんな難解なオペも絶対にやり遂げるスーパードクター。相手役としてまず白羽の矢がたったのが、木村お気に入りの柴咲コウ(34)だった。ところが…。

「NHKの大河(「おんな城主 直虎」)に入りますからね。当然ですが、収録を理由に早々にオファーを断られてしまったんですよ。なんたって柴咲はドラマ『GOOD LUCK!!』(TBS系)『安堂ロイド』(同)で共演して以来、木村のお気に入り。カメオ出演オファーもNGだった。実は最近の柴咲は、木村と共演を避けているようですね」(芸能プロ関係者)

引き続き、TBSサイドは今が旬の女優陣に片っ端からアタックするもことごとく断られてしまったという。

「石原さとみや綾瀬はるか、波瑠や満島ひかりなど全員、NGだったそうです」(関係者)

木村がここまで嫌われる理由だが――。「関わり合うと面倒だということが、業界中に響き渡っているんです。脚本から始まりセットにまで細かい注文が入る。撮影スケジュールは全て木村中心。だから共演者は、たまったもんじゃない。木村主演のドラマを受けると、最低3か月は他の仕事が一切、できなくなってしまうんです」(事情通)

こんな話も出ている。

「ドラマのタイトルも当初は『ドクター×ドクター』だったが突然、『その男、医師・平幸太郎』(仮題)に変更になったんです。大ヒットした『半沢直樹』を意識したようです。タイトルが変われば当然、役名も変わりますが、木村のドラマの現場は常にこんな状態なんです」(関係者)

これまで木村主演のドラマがどうにか成り立ってきたのは、有能なスタッフがいたからだという。

「ジャニーズ事務所を辞めたSMAP育ての親・I女史ですよ。彼女はいつも、木村主演ドラマのヒロインを決めるのが簡単ではないことを承知していたので、条件を全てのんでくれる女優を仕込んでから、話を進めていたんです。彼女がいたら今回のようなゴタゴタになることもなかったでしょう。まあ、これだけ多くの女優たちに断られるのは、木村の神通力が落ちていることも確かですがね…」(関係者)

米倉涼子主演のドラマ「ドクターX」(テレビ朝日系)が今年10月に復活するといわれており、木村のドラマは直接対決をあえて避ける形で来年1月に放映時期をずらしたといわれているが、SMAPを取り囲む環境が変わったいまでも、かつての「HERO」(フジテレビ系)のようなヒット作ができるのだろうか。-記事東スポWEB-

-芸能人