芸能・スポーツ・エンタメ    知っとこ!!

知っておいて損はない芸能・スポーツ・エンタメのネタを まとめました

夏ドラマ

【賢者の愛】 中山美穂主演!過去の作品、歌手ミポリンを特集。

2016/10/16

女優、中山美穂さん(46)が8月20日スタートのWOWOW「賢者の愛」(土曜後10・0)で主演することが7月15日発表されました。

大人の色気漂うミポリンの話題作となりそうなこの作品と、中山美穂さんのこれまでをまとめてみました。

懐かしい過去の作品も紹介しますので、ぜひお読みください。

中山美穂2年ぶり主演

出典:news.mynavi.jp-

出典:news.mynavi.jp-

中山美穂さんにとって、この「賢者の愛」は実に2年ぶりの連続ドラマ主演となります。wowowには初出演です。

去年は18年ぶりに歌手としてテレビで熱唱されていました。そろそろドラマにも出演して欲しいなという声が多かっただけに、

ファンならずとも待ち望んだ話題作になるのではないでしょうか。8月22日が待ち遠しいです。

「賢者の愛」とは?

出典:shukan.bunshun.jp-

出典:shukan.bunshun.jp-

小説家 山田詠美(えいみ)さんが描いた作品です。山田詠美さんは、1987年(昭和62年)の『ソウル・ミュージック・ラバーズ・オンリー』(角川書店)で、第97回直木賞を受賞されています。

この直木賞受賞前には、山田さんが当時交際していた黒人で、第22回文藝賞(ぶんげいしょう)を受賞した作品『ベッドタイムアイズ』のモデルでもあった男性が婦女暴行容疑で逮捕されるという事件が発生、受賞への影響が話題となりました。

直木賞作家の山田さんが、谷崎潤一郎の「痴人の愛」をモチーフに、主人公の女性が、初恋の人とその初恋の人を奪われた親友の間に生まれた息子を、20年の歳月をかけて“自分好みの男”に調教していくという話題の作品です。

キャストは?

主演は、2015年に歌手デビュー30周年を迎え、WOWOW初出演の中山美穂。連続ドラマへの出演は、約2年ぶりとなります。

初恋相手と親友の間に生まれた25歳年下の青年を夢中にさせ、自分好みに調教し、親友に復讐(ふくしゅう)する、りんとした美しさと賢さを併せ持つ大人の女性を妖艶に演じます。

中山美穂さんの魅力が存分に発揮されそうです。演技に注目しましょう。

また、主人公の親友でありながら彼女の初恋の相手を奪うという、主人公の人生を狂わす女性を高岡早紀(43)、その息子で主人公と密接な関係をもつ青年を竜星涼(23)が演じる。

高岡早紀さんは、1994年、映画 『忠臣蔵外伝 四谷怪談』に出演し、ヌードを披露されました。同作品では日本アカデミー賞の最優秀主演女優賞などを受賞しています。名女優さんですね。

個人的には「芸能人は歯が命」というキャッチフレーズが流行語になったのをよく覚えています。

ほか、榎木孝明(60)、田辺誠一(47)ら実力派俳優が揃っています。

監督は、映画『東京タワー』などのヒット作を手掛けた源孝志さん。

この夏、豪華キャストを迎えて「賢者の愛」大注目です。

ドラマを見るには?

「賢者の愛」は地上波放送ではなくwowowでの放送になります。

視聴にはwowowに加入しなくてはいけません。登録はホームページからできます。

wowowじゃないと見れない番組もたくさんあります。このドラマを機に加入すれば世界が広がるかもしれませんね。

15分程度で視聴開始できるとのことなので、簡単に登録できそうです。

中山美穂さんの2年前の主演作品は?

今夏のドラマ「賢者の愛」は中山美穂さんにとって約2年ぶりのドラマ主演ということは、何度も書いてきましたが、では2年前の主演作品は何だったのでしょう。

それは、「プラトニック」です。

「プラトニック」は、2014年5月25日からNHK BSプレミアムの”プレミアムドラマ”枠(日曜日22:00 - 22:49)において全8回で放送されました。

心臓疾患を抱える娘を持つシングルマザーと、彼女の前に突如として現れた、救世主のような謎の青年との悲劇的なラブストーリーです。

この「プラトニック」で主演をした当時は、12年ぶりの主演と話題になりましたので、ドラマには長い間出演されていなかったことがよく分かります。

中山美穂さんはこのドラマの役作りの為に髪を約20センチ短く切ったとされています。相当な覚悟で臨んだのでしょう。

また、相手役の青年を堂本剛さんが演じていましたね。

過去に主演したドラマまとめ

中山美穂さんは超大物女優さんなので、出演するドラマ=主演という方程式が成り立ちます。

連続ドラマの初出演は、みなさんご存知の「毎度おさわがせします」(1985年1月8日〜3月26日)森のどか役でした。

このドラマは、「性」への興味津々な思春期な年頃の男子中学生・高校生3人組が繰り広げるちょっとエッチなドラマでした。

下ネタが多く、男女とも下着や半裸(主に入浴絡み)姿の場面が多々あったことで、当時は、「中学生が主人公のドラマとしては内容が過激すぎる」などとの批判的な声も多く上がったようです。

その後、「夏・体験物語」(1985年8月20日〜9月25日)で初主演を果たし、

「ママはアイドル!」(1987年4月14日〜6月16日)では本人役で主演を演じ切りました。このドラマでの役柄の愛称”ミポリン”が今では本人の愛称として定着することとなりました。

「君の瞳に恋してる!」(1989年1月16日〜3月20日)で主演を演じたのは何と18歳9ヶ月の時でした。

これは月9史上最年少主演記録となっています。その後、1993年に観月ありささんが、「じゃじゃ馬ならし」で16歳7ヶ月という若さで主演を演じました。

しかし、このドラマは中井貴一さんと観月ありささんのダブル主演だったので、単独での月9主演最年少記録は、中山美穂さんが現在も保持しています。

そして、「もしも願いが叶うなら」(1994年1月7日〜3月25日)では浜田雅功さんと共演、

「For You」(1995年1月9日〜3月20日)では香取慎吾さんとも共演し、

「眠れる森」(1998年10月8日〜12月24日)では木村拓哉さんとダブル主演を演じ、最高視聴率30.8%を記録するなど、中山美穂さんの主演作品はどれも話題性があり、皆の心に残るものとなっています。

歌手中山美穂

女優だけではなく、歌手中山美穂も忘れてはなりません。

中山美穂さんは、1985年6月、シングル「C」でアイドル歌手デビューを果たし、年末の第27回日本レコード大賞最優秀新人賞を受賞しました。華々しいデビューです。

翌年以降、次々とヒットを飛ばし1988年に『第39回NHK紅白歌合戦』に初出場し、以後1994年の『第45回NHK紅白歌合戦』まで7年連続で出場しました。

1990年代に入り、1980年代にデビューした多くのアイドルが女優もしくはバラドル(バライティーアイドル)へと転向を図る中、

年1本の連続ドラマ、映画、CM、アルバム発売、コンサートツアーと、歌手業と女優業の両立を維持していきます。

1992年10月、中山美穂&WANDS名義でリリースした「世界中の誰よりきっと」が180万枚を超える売り上げ(オリコン最高位1位)の大ヒットを記録。

1994年2月、「ただ泣きたくなるの」が100万枚を超える売り上げ(オリコン最高位1位)を記録し、自身単独名義での初ミリオンヒットとなりました。

「世界中の誰よりきっと」と合わせると2曲目のミリオンヒットとなり、80年代デビューの女性歌手でミリオンヒット2曲は初の快挙で、現在までにこの快挙達成は中山美穂と今井美樹の2人だけしかいない大偉業です。

まとめ

女優としても、歌手としても、日本のトップに君臨する中山美穂さん。46歳になった現在もそのカリスマ性は健在です。

さまざまな経験を積んできた80年代アイドルの美しい熟女化に期待しましょう。

最後に「賢者の愛」の視聴者に対しての中山美穂さんのコメントを紹介(公式サイト抜粋)

「この物語は、濃密な愛憎劇であると同時に、だからこそ生まれる、人としての様々なテーマを投げかけてくれます。是非このドラマをご覧いただいて、ご自分から生まれる色々な感情を感じていただけたら嬉しいです。」

「賢者の愛」8月20日(土曜後10・0)スタート。第1話は無料放送。

-夏ドラマ