芸能・スポーツ・エンタメ    知っとこ!!

知っておいて損はない芸能・スポーツ・エンタメのネタを まとめました

まとめ 芸能人

林家たい平が24時間テレビでマラソンランナーになったのは恐妻の命令?

出典:http://www.oricon.co.jp/news/2072075/photo/10/

出典:http://www.oricon.co.jp/news/2072075/photo/10/

2016年の日テレ24時間テレビ~愛は地球を救う~において、

チャリティーマラソンランナーは、林家たい平さんになりましたよね。

言わずと知れた、人気番組「笑点」の大喜利メンバーのひとりです。

有名人ではありますが知らない人の為に、改めてプロフィールを紹介します。

林家たい平の紹介

本名
田鹿 明(たじか あきら)

生年月日
1964年12月6日(51歳)

出身地
埼玉県秩父市

師匠
林家こん平

出囃子(でばやし)
ぎっちょ

配偶者
田鹿千華

所属
落語協会

受賞歴
平成19年度芸術選奨大衆芸能部門文部科学大臣新人賞

同い年の千華さんと結婚して、2男1女の子供を授かっています。

出典:http://ameblo.jp/sen-no-hana0130/entry-11398533576.html

出典:http://ameblo.jp/sen-no-hana0130/entry-11398533576.html

幸せそうな二人ですね。奥さん美人でうらやましい・・

しかし、奥さんの千華さんは

かなりの恐妻

として有名なのです。

田鹿千佳さんのプロフィールも紹介しておきます。

妻(恐妻!?)の千華さんの紹介

生年月日
1965年1月30日(51歳)

出身地
宮城県仙台市

血液型
B型

所属事務所
たい平事務所

職歴
NHK契約キャスター(NHK-BS)→大橋巨泉事務所

千華さんは仙台市出身で、たい平さんと結婚する前はリクルートに勤務していました。

一時はフリーアナウンサー(フリーキャスター)業を行っていたこともあるそうです。

『笑点』の大喜利などでも度々名前が出ており、前司会者・桂歌丸さんの冨士子夫人を上回る「恐妻」として紹介されています。

そう言われれば、そう見えなくも無いような。。。

「ドーハの悲劇」と呼ばれた一戦は元日本代表監督の岡田武史氏と番組を進行した経歴をもつ。

自宅では、子供3人と猫2匹、うさぎ2羽、カメ2匹、金魚3匹と暮らしているそうです。

 

チャリティーマラソンランナーに選ばれた理由

24時間テレビのチャリティーマラソンランナーになぜたい平さんが選ばれたのか調べてみました。

恐妻の千華さんの命令なんじゃないか?という記事を目にしましたが、実際はどうなのでしょう。

5月29日(日)「笑点 昇太新司会&新メンバー発表SP」生放送で、

チャリティーマラソンランナーが発表されました。

その時たい平さんは、

「大変光栄ですが、自分に務まるのか不安。ただ、走るからには、だれかの何かになるためにこれから約3ヶ月、身体を鍛

えていければなと思います」

と答えていました。

出典:https://news.nifty.com/article/entame/showbizd/12173-oric2076007/

出典:https://news.nifty.com/article/entame/showbizd/12173-oric2076007/

 

限界まで出し切る気持ちで日々練習しているようです。走行距離は100.5キロの予定です。

終身名誉司会・桂歌麿が発案したこの距離は、

歌丸の本名・椎名巌(しいな・いわお)にちなみ「いわおゴー」 つまり100.5キロ、

そして『笑点』50周年を“祝おう!”ともゴロ合わせした数字になっています。

ここまで頑張るには理由があります。

たい平さんは今年の正月に、師匠の林家こん平さんから「今年は高座に復帰するから」と言われたそうです。

こん平さんは、笑点の元大喜利メンバーの一人でしたが、病気により長期に渡って休演しています。

現在は弟子のたい平さんがが代理出演を経て正式メンバーとして出演しているのです。

そして、マラソンランナーのオファーを受けたのが笑点の50周年の記念特別展でした。

50周年の記念特別展にはたくさんの人々が来ていて、笑点が”愛されているな”と改めて感じたそうです。

そして、自分の師匠が笑点で活躍されてきたこん平師匠である意味、

さらに歌丸師匠が勇退する意味が、不安だった自分の背中を押してくれたといいます。

その上で、こん平師匠の弟子として自分に何ができるか考え、頑張る姿を見てもらいたいと思いオファーを受けたそうです。

「愛」がこもったいい話だと思います。

まとめ

プロデューサーのオファー理由

24時間テレビのテーマである「愛~これが私の生きる道~」を表現するにあたり、

「愛」を最も表現でき、また感じている方に、今年は走って頂きたいと思いました。

笑点という国民的番組の51年目のスタートという節目の年で、

林家こん平師匠との師弟「愛」、笑点メンバーとの仲間「愛」を、24時間テレビのランナーを通して、

視聴者の方々に伝え、「笑い」と「愛」を届けて頂きたくオファーさせて頂きました。

今年の24時間テレビのマラソンも感動をくれそうです。

 

-まとめ, 芸能人