芸能・スポーツ・エンタメ    知っとこ!!

知っておいて損はない芸能・スポーツ・エンタメのネタを まとめました

高校野球

なぜ甲子園で校歌が歌われるようになった?いつから2回表裏にも校歌が流れてる?

現在では甲子園名物ともいえる、校歌斉唱

意外なことに、甲子園が始まった当初は、校歌斉唱は行われていなかったのです。

では、いつから甲子園で校歌斉唱が行われるようになったのか。また、なぜなのか?そして、現在のように2回の表裏に校歌が流れるようになったのはいつからなのか?についてまとめてみました。

甲子園はじめての校歌斉唱はいつ?なぜ?

はじめて甲子園で「校歌斉唱」が行われたのは春のセンバツ高校野球でした。

1929(昭和4)年の第6回選抜中等学校野球大会から採用されました。勝利校に校歌斉唱を、と提案したのは、日本人女性初の五輪メダリストである人見絹枝氏(故人)。

その理由はというと・・

1928(昭和3)年のアムステルダム五輪で陸上・女子800メートルに出場し、銀メダルを獲得した人見氏は、表彰式で金メダルを獲得した選手の国歌が流れたことに、感銘を受けたそうです。その体験をもとに甲子園での校歌斉唱を提案し、翌春のセンバツ大会から採用されたとされています。

ちなみに、開会式のプラカードを掲げての入場行進校旗掲揚も人見氏の発案です。すばらしいの一言。

さすが、100m、200m走の元世界記録保持者です。

人見絹枝氏人見絹江

夏の大会ではじめて導入されたのは、遅れること28年後の1957(昭和32)年からです。勝利校の校歌斉唱が定着すると、甲子園で勝つことを「校歌を歌う」と表現されるようになり、校歌を歌いながら笑顔を見せる球児、時にはうれし涙を流す球児も見られますよね。

いつから2回表裏にも校歌が流れてる?

しかし、校歌を歌えるのは勝利した高校のみ。

せっかく厳しい地方大会を勝ち抜いて甲子園の舞台に立っても、出場校の半分は校歌を歌えぬまま甲子園を去らなければならなかったのです。

そこで1999(平成11)年のセンバツからは、2回の表と裏に両チームの校歌を場内放送で流すことが慣例化。この大会以降は、春・夏を問わず、全ての甲子園出場校の校歌を耳にすることができるようになりました。

ちなみに、世の中には校歌のない高校がいくつか存在します。

もし、校歌がない高校が勝利した場合、校歌斉唱はどうなるのか? 答えは明確に規定されていて、大会歌である「栄冠は君に輝く」が校歌の代わりとして演奏される決まりになっています。

参考:【高校野球】夏のテーマソング、春の入場行進曲の違いを解説! 春夏歴代曲まとめ

【校歌一覧】第89回選抜高校野球出場校

-高校野球